ひざサポートコラーゲンに配合されているコラーゲンの副作用

膝の痛みを緩和するために機能性表示食品のひざサポートコラーゲンを毎日摂取している人も高齢者を中心に増えているようです。

コラーゲンペプチド、ヒアルロン酸、コンドロイチンなどの成分が膝の軟骨の生成を促進してくれます。

医薬品ではなくサプリメントですから即効性はないです。

しかしながら長期的にみて体を健康にしてくれますから、利用価値はあります。

折角ひざサポートコラーゲンを使っていても、無理をするといけません。

膝の痛みがあるのは、膝関節がきちんとかみ合わなくなっている状態です。

この状態は膝に負担がかかります。

例えば無理に歩かないようにする対策もとりましょう。

膝にテーピングしたり、サポーターを装着しましょう。

正座や階段の上り下りもできるだけ控えます。

そうすることでひざサポートコラーゲンの効果が期待できます。

今回は【ひざサポートコラーゲンに配合されているコラーゲンの副作用】についてお話します。

●コラーゲンの副作用

たんぱく質の一種であるコラーゲン。

人によっては、じんましんなどのアレルギー症状を発症する場合もあります。

特に注意したいのは、アトピー性皮膚炎の患者さまです。

アレルギーが出やすい報告があります。

注意してひざサポートコラーゲンを摂取するようにしてください。

●機能性表示食品の対象者は疾病に罹患していない人

病気を患っている人や妊婦さんは対象外です。

妊婦さんや授乳婦さんのサプリメント使用は国立健康・栄養研究所でも安全性は担保されていません。

避けたほうがいいでしょう。

機能性表示食品について詳しくは⇒http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin1442.pdf