ひざサポートコラーゲンの成分・ヒアルロン酸

膝の痛みが、我慢できないほど酷いならば、まずは整形外科の受診をしましょう。

病名と原因を診断してもらうことが大切です。

医師の問診・視診・触診・膝のレントゲン検査などがあります。

そして、治療方法の一つには「薬物療法」があります。

強い痛みの場合は「消炎鎮痛剤」で炎症を抑える処置をします。

座薬・内服薬・貼り薬・塗り薬などが処方されるでしょう。

関節軟骨や関節液に含まれているヒアルロン酸を膝関節内に注入するアプローチもあります。

これによって関節軟骨がスムーズに動くようになり痛みは緩和できます。

これは対症療法ですが、根本的に体質の改善をするならば、ひざサポートコラーゲンを摂取してみてはどうでしょうか?

コラーゲンペプチド、ヒアルロン酸、コンドロイチン成分を含み機能性表示食品のひざサポートコラーゲン。

今回は【ひざサポートコラーゲンの成分・ヒアルロン酸】についてご紹介します。

●ヒアルロン酸とは?

体の内部のさまざまな組織に存在するムコ多糖類の一種です。

皮膚や関節に存在しています。

ヒアルロン酸はたんぱく質と結び付いて体組織の構造の維持や保護に役立つ成分です。

関節などの摩擦を緩和するように細胞の間の隙間を埋めるようにしてくれます。

ヒアルロン酸を含むひざサポートコラーゲンは体内に吸収されて、膝関節痛の改善にも効果があるのです。

●コンドロイチン硫酸含有ムコ多糖たんぱくとは?

ムコ多糖類の主成分のコンドロイチン硫酸。

その大部分はコラーゲンを代表とするたんぱく質と協力して結合組織を構成する役割をしています。

骨形成を促進したり皮膚の新陳代謝を正常化します。

その結果として、膝関節痛をやわらげてくれます。

コンドロイチン硫酸が少なくなると関節や骨に悪影響があります。

コラーゲンと一種にコンドロイチン硫酸の摂取が推奨されています。