ひざサポートコラーゲンの成分、コラーゲンが吸収されるメカニズム

みなさんが膝の痛みを自覚しているならば、放置していてはいけません。

さらに症状が悪化します。

それを避けるには膝の症状に合わせて治療することです。

治療方法には、薬物療法・装具療法・物理療法・運動療法・手術療法などがあります。

膝がなぜ痛むのでしょうか?生活習慣・スポーツ・加齢など理由は色々。

◆注目ページ…アスリートとシニアは要注意! 膝の痛みケア最前線

痛みをやわらげる方法のひとつに、機能性表示食品のひざサポートコラーゲンを摂取することがあります。

この記事では【機能性表示食品のひざサポートコラーゲンに配合されているコラーゲンが吸収されるメカニズム】について詳しく解説します。

●コラーゲンペプチド、ヒアルロン酸、コンドロイチンの成分が配合されているひざサポートコラーゲン

口から摂取されたコラーゲンは、胃や小腸の消化酵素によって分解されます。

普通のたんぱく質が消化されるのと同じです。

ジペプチドやトリペプチドなどの分子量が小さいものやさらに小さいアミノ酸になります。

細かく分解されるとコラーゲンは小腸から吸収されます。

しかし、残念ながら全てがアミノ酸まで分解されることはありません。

トリペプチドやジペプチドの状態でも吸収されます。

こいったことからコラーゲンはあらかじめトリペプチドやジペプチドに分解された状態を摂取する方が効率的に吸収できます。

だからこそひざサポートコラーゲンに配合されているコラーゲンペプチドは効果的な成分なのです。

サプリメントですから即効性はありませんが、毎日摂取すると膝の痛みは緩和されてきます。