自分がAGAかどうかを知る方法

 

年々薄くなる頭髪、目立つ地肌…

もしかして自分はAGAなのでは?と不安に思うことはありませんか?

日本には約1260万人のAGA人口がいると言われ、

男性の5人に1人がAGAであるとされています。

これだけの確率でAGAになるのであれば、自分だってAGAであってもおかしくないと思うものです。

AGAは進行性の薄毛であるため、放っておくとどんどん抜け毛が増えることに…。

早めに手を打っておけなければ、取り返しのつかないことになりますよね。

すぐにでもAGAによる薄毛が進行するかどうかをチェックしておくことをおすすめします。

AGAチェックをするなら、AGA検査キットを使用してみませんか?

AGAは生活習慣や遺伝性を確認することである程度判断することができますが、

より正確に判断したいのであれば、AGA検査キットを使うのが良いでしょう。

AGA検査キットは、付属の綿棒を頬の内側にこすり、その綿棒と設問の書かれたチェックシートを専門機関に送るだけ。

返送されてくる結果で、AGAになるリスクとAGA薬であるフィナステリドの治療効果を知ることができます。

薄毛にはフィナステリドが有効だと思われていますが、

フィナステリドはAGAでなければ十分な効果を発揮することはできません。

さらに、体質によっても効果のあらわれ方は異なるため、

事前にしっかりと確認しておく必要があるのです。

AGA検査キットは、インターネットで購入することができるため、

薄毛が気になり始めたのであれば、早めに検査をしておきましょう。

◇病院で調べたいという方にはこちらがおすすめ:メンズヘルスクリニック東京(旧城西クリニック)